2006/06/05(月) 青春の坂道

これは音楽のお話。
興味の無い人はスルーしてくださいな。



以前購入した(といっても、かなり昔だが…2003年!?)
守谷香さんのベストアルバムを聴いていた。

1曲目はデビュー曲の「予告編」(作詩:芹沢 類/作曲:筒美京平)。
私自身、この曲には特別な思い入れは無い。
強いて言えば作曲が筒美京平さんって事くらいか。

「全曲集」ではなく「ベストアルバム」なので
聴きたい曲が入ってないのは、仕方ないとして…
このアルバムには「菫の花の卒業証書」(作詩:許 瑛子/作曲:西木栄二)
が入っている事が大変高評価である。
たぶん、そのために このCDを買ったのだと思う♪

最後のトリを締める歌は、名曲中の名曲である
この「菫の花の卒業証書」だとばかり思っていたのだが、あと1曲残っている。


「青春の坂道」(作詩:松本 隆/作曲:森田公一)である。

ん?なんかサビの部分を聴いた事ある…!
誰か歌ってたよ、誰だっけ? 誰だったっけ??

調べてみたら、岡田奈々さんでした。
「青春の旅」というドラマの挿入歌に使われていたそうです。

で、「青春の坂道」の岡田奈々さんの方を聴いてみた。
個人的には、岡田奈々さんの方が当時の感覚があって良い感じ。
サビの部分の伸びがあって聴いていて心地よい♪

ちょっと岡田奈々さんのCDを探してみようかな。
無かったらレコードでもいいや。


<追記>
その後、守谷香さんの「青春の坂道」を 再び聴き返してみた。
自分は守谷香さんの、あの“声”が好きなようだ(^^)
[PR]
by same-chan | 2006-06-06 02:18 | その他


<< 2006/06/07(水) 今... 2006/06/01(木) ぅう… >>