2006/05/24(水) UF西尾にて

逆襲のシゲさん(一八)と対戦。
(10勝14敗)

1P側のが、あからさまに勝率が良い。
その理由を逆シゲさんに聞いてみた。

逆「1P側になるとモーション毎に前ダッシュ等の細かい動きが入って
  最速行動が無くなる。それでタイミングをずらされてしまう。」
言いたい事は、なんとなく分かるような気がする。
実際に連拳や雲閉で、よくカウンターを取れていた。

個人的には、虎身肘(66LP)や驚天衝腿(66LK)といった 前前系のコマンドは
2P側よりも1P側の方がやり易い。
そのやり易い分、動きに余裕があるのだろうか…?

自己分析は難しい。


段位:拳達
戦績:3737勝2674敗
勝率:58.30%

         勝利時   敗北時
右投げ抜け 40.00% 00.00%
左投げ抜け 37.50% 50.00%
両投げ抜け 50.00% 00.00%
[PR]
by same-chan | 2006-05-26 21:54 | 鉄拳-TEKKEN-


<< 2006/05/27(土) 四... 2006/05/22(月) J... >>