2009/10/12(月) 考察:ペク対策 サンドストーム、他

気になったので調べてみました。
家庭用 鉄拳5DRオンラインでの検証結果です。
鉄拳6BR(A71)とは仕様が違うかもしれないけど
参考にはなるかな^^

早く家庭用の鉄拳6が出ないかなぁ´`


<熊パンダの ワイルドスイング(2_3LPRPLPLP) >

3発止…G:-5F

3発目ガード時の4発目に対して
・右横移動可能○
・左横移動不可×
・11Fまでの技で割り込み可能
 但し、リーチの短い技等、割り込めない技多数
・12Fの技で相打ち


<ジャック5の ワイルドスイング(2_3LPRPLPLP) >

3発止…G:-6F

3発目ガード時の4発目に対して
・右横移動可能○
・左横移動不可×
・11Fまでの技で割り込み可能
 熊パンダのような理不尽さは無い
・12Fの技で相打ち


< ペクの サンドストーム(1RKRK) >

今度はサンドストームについて。
下段~上段の連携技で、ノーマルで連続ヒットする。

鉄拳6になってからは、
このサンドストーム1発目からも、フラミンゴに移行できるようになった。
その時はペク側が大幅有利となる為に、下手に動く事が出来ない…ξ
起き攻めの際にも、サンドストーム1発止~フラミンゴで拾って
コンボに持っていく事が可能になった為に
この技を多用するペク使いが増えたように思われる。
さて…

(鉄拳5DRオンラインでの検証です)

1発止はG:-12F
○(11F)ジュリアの蒼空砲(立ち途中RK)ヒット
○(11F)マードックのヘルスタップ(立ち途中LP)ヒット
○(11F)デビル仁の踵落とし(立ち途中RKRK)ヒット
◎(12F)ジュリアの疾歩崩肘(2_3RP)ヒット
○(12F)ニーナのアッパーストレート(立ち途中LPRP)ヒット
×(13F)マードックのレイドキック(立ち途中RK)ガード
×(13F)デビル仁の双角1発目(立ち途中LP)ガード
×(15F)ジュリアの双起脚1発目(9RK)ガード

2発目ガード時の硬直差はG:-12F
○(10F)ジュリアの迅脚(RK)ヒット
○(11F)ジュリアの膝弾連進1発目(2RP)ヒット
○(12F)ニーナのフロントキック(3RK)ヒット
×(13F)ニーナのアッパーストレート(3LPRP)ガード

1発目ガード時の2発目に対して
×蒼空砲(立ち途中RK)………地上ヒットで潰される
○シットストレート(2_RP)…しゃがステ技なら勝てるようだ
◎疾歩崩肘(2_3RP)
×双起脚(9RKLK) ……………地上ヒットで潰される
○後掃腿(2_3RK) ……………しゃがステ技なら勝てるようだ
○斬捶(立ち途中RP)

サンドストーム1発止&2発目出し切りに対しては
疾歩崩肘で行けるようだ。

ここまではT5DRでの話。


<T6BRでのサンドストーム対策は?>
サンドストーム1発止からのフラミンゴムーブに対しても
疾歩崩肘で行けるようだ。
(サンドストーム1~FMのガード時が-6Fとして
 15Fまでの技なら割り込まれないから)
フラミンゴムーブで横移動された時に回避されるのかどうかは未確認。
でも崩肘ならば、相手の右横移動に対しても強いから
かなり万能に機能すると考えられる(未検証)。
…気になるなぁ…´`

斬捶派生の技が、どこまで機能するのか分からないけど
対戦経験上有効な選択肢だった事は間違いない。

とりあえず、蒼空砲や双起脚は控えて
崩肘、後掃腿、斬捶で切り返した方が良いかもしれない。
[PR]
by same-chan | 2009-10-12 04:28 | 鉄拳-TEKKEN-


<< 2009/10/13(火) 検... 2009/10/11(日) 情... >>